FC2ブログ

新生「西川郵政」発足、信頼回復はイバラの道

鳩山邦夫前総務相らの激しい反発を抑えて再スタートにこぎ着けた日本郵政の「新制西川体制」だが、一連の問題で傷ついた社会的エッチ友信頼を回復するのは容易ではない。不透明さが指摘される経営体質改善が図れるのか、5期目に入る西川社長にとって、剣が峰はこれからだ。新体制下で日本郵政は、24日に提出した「業務改善報告」に掲げた対応策の着実に進めることになる。エッチ最大の焦点となった不動産売却問題では、手続きなどを整備・監視する「不動産売却等審査会」を設置し、不透明と批判された売却手続きをガラス張りにするほか、会長や第三者からなる「経営諮問会議」も新設。ガバナンス(企業統治)を強化し、多角的な監視体制を整える考えだ。
スポンサーサイト



最新記事
リンクス
RSSリンクの表示
リンク